モデルケース

【その① ~小学生から来た場合~】

 

・小学6年生入塾 (英語のみ受講)

    すでに英検4級取得済

 

・中学生(英語のみ受講)

    英検3級取得

    英検準2級取得

    栃木県立足利女子高校合格

 

・高校生(英語→数学に受講変更)

    英検2級取得

    国立奈良女子大学合格

 

 

※通常授業は、まず得意な英語を伸ばすことを最優先し、

   (講習時は数学、英語の両方を受講)

 

   高校入学後は、英語が早い段階でセンター試験

   レベルに到達したので、通常授業を数学に切り替え、

   数学に磨きをかけた。

   (講習時は数学、英語の両方を受講)

 

   単科受講だが、自習室や講習を上手に使い、

   国立大への合格に繋げた。

   

 

 

    

   

 

 

【その② ~中学生から来た場合~】

 

・中学1年生入塾

 (通常・講習時、数学、英語の両方を受講)

 英検3級取得

 栃木県立佐野女子高校(現佐野東高校)合格

 

・高校生

 (通常・講習時、数学、英語の両方を受講)

 国立茨城大学合格

 

 

※常に意識を高く持ち、

   早い段階から国立大学合格を目指していた。

   学校の予習復習に加え、発展的な問題にも挑戦し、

   模試のやり直しも自主的に行っていた。

   勉強のコツをつかむのが早かった。

 

 

 

 

【その③ ~高校生から来た場合~】

 

・高校2年生入塾(数学のみ受講)

 栃木県立福祉衛生大学校合格

 

 

※講習時は数学、英語の両方を受講。

   臨床検査技師という夢を叶えるために、

   自分で最善の方法を考えるのが早かった。

   確固たる意志を持ち、

   臨床検査技師の合格率や設備・実習の充実度を考え、

   受験校を早期に決定。 

   2014年、臨床検査技師の国家資格を取得。